スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食欲中枢のはたらきを教えて

人間の脳の大脳辺縁系という部位には、生命活動をつかさどる様々な機能が集まっています。その大脳辺縁系のちょうど真ん中の間脳にある目の神経が交差する部位、視床下部には、人間の食欲をコントロールする食欲中枢があります。食欲中枢には、空腹を感じた際に食べることを指令する摂食中枢と、満腹感を感じ食べることをやめるように命令する満腹中枢があります(食欲中枢のはたらき)。

摂取した食事が胃の消化酵素によって消化され、血液中のブドウ糖が脳に送られてエネルギーとなり、血糖値が上がってくると満腹中枢が刺激され、脳から満腹指令が出て食欲が抑えられます。逆に脳のエネルギーである糖分が不足すると、血糖値が低下し、体に蓄えられた脂肪が分解されて、血液中に脂肪酸が溶け出します。この脂肪酸が摂食中枢を刺激することにより、脳が空腹感を感じて食事を取るように指令を出すため、食欲が増してくるというしくみになっています。

また、不思議なことですが、お腹が一杯になって一方の食欲中枢である満腹中枢が満たされても、まだ食べたいというもう片方の食欲中枢である摂食中枢が刺激されていれば、食欲は治まらないことになります。例えば、脂肪の多い牛肉などを食べたとき、胃の中で脂肪酸に消化吸収されていくので摂食中枢が刺激されて、食欲が高まるので過食につながるというわけです。つまり人間の体は、摂食中枢と満腹中枢という2つの食欲中枢が同時に満たされなければ、食べたいという欲求を抑えることができないため、食べすぎを防ぐには食べ合わせにも気をつける必要があるというわけです。
スポンサーサイト
プロフィール

dp04287331

Author:dp04287331
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
links
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。